密かな楽しみ

節約術というと様々な方法がありますが、どうしても節約ばかりしているとストレスがたまってしまいます。それではせっかく節約していても心が貧しくなってしまったり、我慢ばかりでなんの為に頑張っているのか本当の目的を見失ってしまいます。そこでオススメなのは家に眠らせているブランド品を売って旅行に行くという方法です。ブランド品なんて最近買ってないから、なんて思っていても意外とタンスの奥に眠っているかもしれません。自分の物だけでは無く、ご主人や家族の誰かが買ってから使っていないものなどが結構あるんです。年式は古くてもブランドはブランドですから、思わぬ高値がつくこともあります。

ブランドバッグなどはとくに10年、20年ぐらい古くても、スーパーブランドと呼ばれる有名ブランドでしたら、今でもマニアの間で取引されているそうです。また、おばあちゃんが昔買ったと言うブランド品を売ったら思わぬ高値がついたなんて話も。実は今、ヴィンテージブランドブームです。本当に古いものが逆にお洒落と20代を中心に人気を集めているんです。そういった経緯から見ても今がまさにブランド物の売り時かもしれません。あとはアジア系外国人の中で日本に観光ついでにリサイクルショップでブランド物を買い求める人が多いそうです。

そんな外国人観光客のなかには程度が悪くてもブランドなら買いたいと需要があるそうなんで、多少の傷や汚れがあっても買取ってもらえるお店も増えてきました。スーパーブランドですと買取り価格も小物類で1000円ぐらいから買取りしてもらえるようですが、あくまで年式の古い商品の小物ですから例え1000円でも使わずに置いておくよりかは良いでしょう。旅行に行く場合は思いきって使わないブランドバッグやアクセサリーなどをまとめて買取りしてもらうとまとまった金額になります。自分で貯めて旅行に行くより不要になったブランド品を売って早くお金が作れるので、まさに節約と言うよりは倹約ですね。

それとアクセサリー類ですがブランド物のなかでも非常に値段がつけにくい物の1つと言われています。ブランド独自の細工がは施されている物は繊細で美しいですが、サイズなどもありますし、バッグより安く査定してされてしまいます。しかし、金を使ったものでしたら高値が望めます。今は金自体の価値が高いですから、ブランド物のアクセサリーに金が使われていた場合、ブランド力ではなく金の査定額として、結果的には高値がつきやすくなります。古くなったブランドアクセサリーを売ってリッチに海外旅行なんてのもいいかもしれませんね。

MENU